突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
2005年 09月 24日
アリキタリの現実、アリキタリでない言説
前回のエントリに対して、犬桑さんからトラックバックをいただいた。
前回の文面では十分に書けなかった部分も含めて、いろいろと考え直す機会をいただけたことにまずは感謝したい。
その上で前回の補足を含めて、改めて内田先生の「哀愁のポスト・フェミニズム」に込められたメッセージについて書いてみようと思う。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-09-24 13:52 | 社会的考察
2005年 09月 21日
視点を“ずらす”ことの重要性
更新がすっかり滞ってしまった。
実は今、某国に海外出張中で、その準備等を含めてしばらく書く時間がとれなかったのだった。
頂いたトラックバックにレスしたり、予告した内容をまとめたり、抱えているネタもいくつかあるのだが、なかなか手が着けられない状態である。
あちこちのブログを読んでいると、海外出張中でも毎日何度も更新している強者がいたりするが、どうすればあんな芸当ができるのだろうか?
不思議だ。
しばらくはぼちぼち更新ということで行こうと思う。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-09-21 09:15 | 社会的考察
2005年 09月 12日
ゲームは始まったばかりだ
11日の衆議院議員選挙は自民党の地滑り的な圧勝で幕を閉じた。
既にあちこちで「何故このような結果になったのか」についての議論が沸き起こっている。
そりゃ、そうだろう。
当の自民党ですら、全く予想していなかった事態なのだから。

『内田樹の研究室』「きっとこうなると思っていました」というエントリで、内田先生は次のように記している。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-09-12 23:59 | 社会的考察
2005年 09月 11日
氾濫するスパム・メッセージ
このブログは、開設自体は4月頃だったと記憶しているが、公開設定にしたのはつい数日前のことだったりする。
にもかかわらず、早くもエントリの内容とは全く関係のないスパムコメントやスパムトラックバックの洗礼を受けることになってしまった。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-09-11 22:44 | 社会的考察
2005年 09月 10日
“気分”と“機能”とのあいだ
明日が衆議院議員選挙だというのに、いまいち盛り上がりに欠けているような気がする。
いろいろ原因はあるのだろうが、恐らく間違いなさそうなのは、「どこに投票してもそれほど明るい未来像は描けない」という醒めた雰囲気がどんよりと世の中を覆っている、ということであろう。
ならば、もはや張りぼてのセット並みに安っぽく頼りない小泉的郵政民営化の構図でもわかりやすいだけマシかも、という諦めに近い感覚を抱くのもある程度仕方がないのかも、と思ってみたりもする。

ただ同時に思うのは、そもそも政治というのは、参加している誰にとってもそういう頼りないものなんじゃないだろうか、ということである。
その頼りなさの中で、どんなに小さな可能性でもおろそかにせずに生かそうとする努力を積み重ねることでしか、重苦しい現状は打開できない。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-09-10 16:30 | 社会的考察
2005年 09月 08日
『トリビアの泉』に対するささやかな疑問
最近『トリビアの泉』を見ながら、フラストレーションを溜め込んでいる。

昨日の内容で言えば、「トリビアの種」として紹介されていた、

「お受験教育を受けた子供たちの中で一休さんと同じ方法で橋を渡るのは100人中○○人」

というネタなどを見ていると、特にそうなる。

「お受験教育を受けた子供たち」(恐らくはここが肝心)100人に、「このはしわたるべからず」という立て札のある橋を渡らせて検証するという内容なのだが、挑戦した、いや挑戦させられた子供たちはことごとく失敗してしまう。

子供たち一人一人がめいめい一生懸命悩み苦しんで様々な反応を見せる様を、笑い声を交えながら見物するという趣向は、いくらバラエティ番組と言ってもどうにもなじめないのである。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-09-08 22:48 | 社会的考察
2005年 09月 07日
101回目のモノローグ
実は私、これまでCafestaというところで文章を書いていた。
昨年の5月から始まって、時折休みながら何とか100本目の「日記」までたどり着くことができたのが、ついこの間のこと。
「日記」の内容は、このブログにも「Cafesta過去ログ」としてそのまま載せている。
というより、現時点ではまだ「Cafesta過去ログ」以外の文章はない。
ちなみにCafestaの方のページはこちら

こちらはこちらで、もうしばらく続けてみようかと思っている。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-09-07 21:40 | このブログについて
2005年 09月 04日
ここいらで一区切り
暑い暑いと言っている内に、もう9月ですね。
アメリカのハリケーン被害も気になりますが、日本人の端くれとしてはやはり衆院選挙に注目しないといけません。

もっとも、選挙については以前に何度か書いたことがありますので、敢えて繰り返すようなことはしません。
テレビなどを見ていると「刺客」がどうとかホリエモン・静香ちゃん対決がどうとか大騒ぎですが、実際に今回の選挙で何がどうなるのかという全体像を理解するには、ネット上の情報収集の方が向いているような気がします。

ひとまず、目についたものの内2,3挙げておくことにします。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-09-04 00:25 | Cafesta過去ログ