突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2004年 07月 31日
年金と出生率について
しばらく日記の更新が滞りそうなので、お詫びの告知を出すだけのつもりでしたが、面白いコラムを見つけたので簡単に紹介しておこうと思います。

リンク集にも挙げている「萬晩報」の主筆である伴武澄氏のコラムから、前半部分を引用しておきます。。

「暑い夏の年金講座(1)−年金と出生率」
(参照→http://www.yorozubp.com/0407/040726.htm

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-31 11:50 | Cafesta過去ログ
2004年 07月 30日
センター試験訴訟と「強制連行」(中)
前回に引き続き、いわゆるセンター試験訴訟における「強制連行」問題批判について考えてみます。

b. このような設問は、「強制連行」が間違いであることを「正しく」知っている受験生にとって一種の「踏み絵」であり、信条に反する回答を一方的に強制されることは教育の中立性を損なうばかりか、憲法が保障する思想・信条の自由をも侵害するものである。

歴史的事実としての「強制連行」の是非については次回に譲るとして、ここでは「思想・信条の自由」の侵害との関係のみ扱います。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-30 22:24 | Cafesta過去ログ
2004年 07月 29日
センター試験訴訟と「強制連行」(上)
「新しい歴史教科書をつくる会」のウェブサイトによると、センター試験・世界史と日本史の設問を巡って訴訟が起こされているそうです。

「大学入試センターを東京地裁に提訴
 〜世界史、日本史を受験した大学1年生7人が原告 」

(参照→http://www.tsukurukai.com/01_top_news/file_news_ct/ct_news_040709.html

提訴に至るまでの経緯については、同じく「つくる会」の以下のURLで紹介されています。
(参照→http://www.tsukurukai.com/01_top_news/file_news_ct/ct_news_bn.html

槍玉に挙げられている設問はいくつかあるのですが、ここでは「強制連行」に関わる設問に絞って考えてみたいと思います。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-29 23:23 | Cafesta過去ログ
2004年 07月 27日
歴史教科書をめぐる問題
前回の日記から随分間が開いてしまいました。
本来なら、「更新遅延のお知らせ」くらい出しておいてもよかったのですが・・・。
正直、むっちゃ忙しかったです(TT)。

今更ですが、深くお詫び申し上げます。m(_ _)m


さて、しばらく世間から遠ざかっていたので、世の中の動きを十分に把握できていないのですが・・・(汗)。
取りあえず覗いてみた東京新聞のサイトで次のような記事を見つけたので、見出しとリード文のみ紹介してみます。

『扶桑社』版には反対運動/歴史教科書は?
(参照→http://www.tokyo-np.co.jp/00/kakushin/20040726/mng_____kakushin000.shtml

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-27 23:16 | Cafesta過去ログ
2004年 07月 20日
放送法と「自民党チャンネル」
最近は忙しすぎるせいか、“粋”な話題になかなか行き当たらない(←しゃれではないので、念のため^^;)。
まあ、今まで扱ってきたテーマで“粋”なものがいくつあったか考えると、それはそれで判断に困るのだが・・・(苦笑)。

で、今朝目についたニュースがこれ。
「放送法:自民が改正を検討 政治的公平の削除狙う」
(参照→http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20040720k0000m010134000c.html

冒頭の記述は、以下のようになっている。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-20 22:20 | Cafesta過去ログ
2004年 07月 19日
自然エネルギー普及を阻むもの
さて、前回の続きですが・・・。

時間がないなりに自然エネルギーのコスト計算に関係する情報を探してみたのだが、なかなか満足のいくデータには巡り会えないものですね。

日本でエネルギーのコスト計算を考えるとき、ほとんどの場合「平成11年12月総合エネルギー調査会第70回原子力部会において、一定の前提の下に行ったモデル試算」(資源エネルギー庁のサイトより)が用いられています。
(参照→http://www.enecho.meti.go.jp/faq/electric/q04.htm

「原子力部会」の試算というだけあって、当然のように原子力が一番コスト安になってます(笑)。もっとも、この試算では廃炉費用や使用済み燃料の処理費用が冗談みたいに安上がりになっており、まともな数字として使用してよいものか、極めて疑問ですが(苦笑)。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-19 21:35 | Cafesta過去ログ
2004年 07月 17日
「太陽をめぐる戦争はない」
HotWired Japanの連載コラムに、上のようなタイトルのコラムが公開されている。
内容は6月初めにドイツで開催された「自然エネルギー2004」の概要紹介で、公開後既に一ヶ月が経過しているが、タイトルがあまりに秀逸なので、このタイトルに直接関係する部分のみ引用してみる。

--------
飯田哲也の「エネルギー・デモクラシー」
第5回 太陽をめぐる戦争はない

(参照→http://hotwired.goo.ne.jp/ecowire/tetsunari/040615/

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-17 21:42 | Cafesta過去ログ
2004年 07月 16日
「数字」に溺れる
前回(一昨日)書いた日記の中に、致命的な間違いを見つけた。
まだどなたからも指摘されていないが、そのうち誰かに指摘されてしまう前に公表して、お詫びに代えさせていただきたい。

その「致命的な間違い」とは、末尾に書いた選挙特番の視聴率に関する部分である。
要するに、昨年秋の衆院選と今回の参院選を比較して、投票率が約59%→約56%と下がったのに、選挙特番の各局視聴率の合計が約56%→約59%と逆に上がっていることを踏まえて、実際の投票よりも特番の視聴が上位におかれつつある現状を憂える、という趣旨であったのだが・・・。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-16 21:37 | Cafesta過去ログ
2004年 07月 14日
「選挙とメディア」、そして未来
昨日の日記で宣言したように、いきなり「すごろくモード」(爆)を使ってもよかったのだが、気になる文章を目にしたので紹介しておこう。

アサヒ・コムのAIC高成田享氏が書いている「選挙とメディア」
(参照→http://www.asahi.com/column/aic/Mon/d_drag/20040712.html

この文章は実は選挙前に脱稿したものであり、結果を見る前の段階での、今回の選挙に対する所見を述べたものである。ただ、選挙の「結果」を見た後で読み返しても、十分にその指摘は的を射ているように思われる。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-14 22:01 | Cafesta過去ログ
2004年 07月 13日
「燃え尽き」ないために
昨日付けで、HotWired Japanに興味深い記事があるのを見つけた。
公開直後のコラム記事なので、冒頭の部分を最小限引用するにとどめておく。
興味をお持ちの方は、下記のURLで全文を読んでいただきたい。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-07-13 22:25 | Cafesta過去ログ