突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 10月 25日 ( 1 )
2005年 10月 25日
「遂行的言明」と「事実認知的言明」~『犬桑』さんのエントリによせて(中)
『街場のアメリカ論』、ようやく手に入れました。

…てなことを言ってる場合じゃない。
思いの外忙しくて、なかなか書く時間がとれないのである。
このシリーズも、週末毎にポンポンポーンと書き上げる予定だったのだが…世の中、ままならないものだと改めて思う(←といいつつ「世の中」に責任転嫁)。
とは言いながら、私ごときより間違いなく忙しいに違いない人たちが数日と置かずにブログ更新しているのを見ると、つくづく修行が足りないなぁと反省するのだけれど。

ともかく、忘れてしまわないうちに書いておかなければ。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-10-25 02:02 | 社会的考察