突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 10月 08日 ( 1 )
2005年 10月 08日
「遂行的言明」と「事実認知的言明」~『犬桑』さんのエントリによせて(上)
内田先生のこのエントリを巡る議論もこれでもう3度目。
『犬桑』(正式名称:そんなnewsは犬も喰わない)さんとの方向性の違いも大体見えてきたようだし、こちらももうこの話題は食傷気味なのだが、今回で一区切りということでもう一度だけ書いてみようと思う。
ただし、きっと長々と書き連ねることになりそうなので、2つのエントリに分けて書くことにしたい。

なお、トラックバックをいただいてから今の今までレスポンスが遅れたのは特に他意があるわけではなく、単に帰国後やたらと忙しかったり病気になったりして書く余裕がなかっただけであることを、予め釈明しておく。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-10-08 01:58 | 社会的考察