突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 06月 01日 ( 1 )
2005年 06月 01日
「コピペ」文化?~盗用・剽窃がもたらすもの
前回に引き続き、文化におけるコピーライトと"オリジナル"の関係について考えてみたいと思います。
前回の文章では、昨今過剰に評価されている(ように思われる)"100%オリジナル"という価値観をとりあげて、このような価値観が創作の実態とも合わないこと、また私たちの文化にとって必ずしも有益ではなさそうだということを確認しました。

その話の続きとして、"100%『非』オリジナル"、つまり他人の褌をひたすら使い回すタイプの価値観についても触れておく必要があるのですが・・・。

まあ、一言で言ってしまえば「盗用」ということなんですけれどね。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-06-01 00:04 | Cafesta過去ログ