突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2005年 02月 25日 ( 1 )
2005年 02月 25日
「知的肺活量」を鍛えよう
しばらく家を留守にする用事がありまして、慌ただしい日々が続いてます。
ろくに書き込みへのレス・足跡返しも出来ない状態で申し訳ありません。
とはいえ大ネタを振ってしまった手前、一応の決着は付けておく必要があるわけで・・・。

というわけで、前々回(ホントは前回も、なのですがそれだけは何卒ご内密に・・・)までの話の続きです。

まだお読みでない方、あるいは読んだけど長すぎて忘れちゃったよ・・・という方のためにページ内リンクをば。

「公理系、もしくは小宇宙」

「 『バカの壁』と認識のモデル」

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2005-02-25 09:27 | Cafesta過去ログ