突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 09月 08日 ( 1 )
2004年 09月 08日
「民主的プロセス」の幻想?
軽い気持ちで白田氏の文章を紹介したばっかりに、自分でもなかなか収拾がつかない状態になっています。
その原因の一つはもちろん私の紹介が安易すぎたということなのでしょうが、もう一つ、白田氏が「文化的・政治的社会基盤」は「民主的プロセス」では行い難い、「エリート」の「最高の理性と知性」に委ねるしかないのではないかという結論に対して、当初私も抱いたような“違和感”があるように思えます。

「エリート」に対する反感はともかく、「民主的プロセス」に対する誤解を解きほぐそうとあれこれ書いてみたのですが、十分には成功していないようで・・・スミマセン(^^;;

ひとまず、前回の日記を補足する形でこの問題を再考してみたいと思います。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-09-08 22:57 | Cafesta過去ログ