突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 09月 03日 ( 1 )
2004年 09月 03日
「なんで勉強せなあかんの?」
「コミュニケーションとは、外部からの刺激に対する内省的適応の積み重ねである」

・・・誰か偉い人がこういうことを言ってませんかねぇ?
とりあえず、思いつきで書いてみました(爆)。


前回の日記は急ごしらえで書いたとはいえ、あまりに舌足らずで多くの方の頭を“?マーク”で一杯にしてしまったようです。誠に申し訳なく思ってます。

こういう面白い文章を見つけて興奮冷めやらぬところで、まとまりきらないうちに一気に書いてしまうとこうなってしまう、という典型例になってしまいました・・・トホホ(^^;

最初は「この文章、面白いから読め!」というだけでも十分意味があると思っていたのですが、日記の文を読み返すと私自身に明らかな“誤読”があり、やはり訂正・補足する必要がありますね。
未読の方は、前回の日記「世界をつくるコミュニケーションの基盤」と併せてお読みいただくよう、お願いいたします。

続きを読む...
[PR]
by hirokira1 | 2004-09-03 21:48 | Cafesta過去ログ