突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 05月 24日 ( 1 )
2004年 05月 24日
適度の緊張関係が必要
今回の小泉首相訪朝に対して、報道各社が行った世論調査では、軒並み6割以上の人々が「評価する」と回答したという。

少なくとも家族5人を連れて帰ってきた以上、評価しないとは答えにくいから、そもそも設問の立て方が間違っているという意見もある。が、内閣支持率も上昇しているという結果も出ているから、やはり「それなりによくやった」という評価を前提に、しばらくは事態が推移していくのだろう。

帰国の時は苦虫を噛み潰すような表情だった小泉さんも、これで安心して成果があったと強弁できるだろう。


今も高い支持率を誇る小泉政権が、何故「改革」を叫ぶだけでろくに成果を挙げていないのか、その一因が見えた気がする。

職場であれ教育の場であれ、その場の雰囲気を決めるのは「やったことが正当に評価されるか」である。よい成績を挙げれば誉められるし、駄目なら注意を受ける。そういう場にいる人は、安心して前向きに努力できる。

評価される側はどのように評価されるのかを気にする。よい成績を挙げたのに評価されなければやる気をなくすし、悪い成績をのこしたのに特に注意されることもなければ、やはり気が緩んでしまうだろう。

だから評価する側は常に適切な評価を下さなければならない。評価を誤ればいずれにしても場の士気は低下する。そして、適切に評価できない上司や教師は侮られる。

つまり、その集団、その社会がうまく回転していけるかどうかは、「適切な評価」を巡って評価する側とされる側とが適度の−そして決して過度ではない−緊張関係を保てるかどうかにかかっていると言える。

今の日本社会、日本の政治に適度の緊張関係は存在するだろうか?今日も気が重い。
[PR]
by hirokira1 | 2004-05-24 21:56 | Cafesta過去ログ