突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 05月 17日 ( 1 )
2004年 05月 17日
責任の取り方、取らせ方
民主党の次期党首当確だった小沢一郎が年金未加入で党首選を辞退するらしい。
政治家以外でも、筑紫哲也や田原総一朗、小宮悦子などテレビキャスターの未加入が続々と明らかになってきた。筑紫氏は未納問題について「論評することを控えたほうがいい」と述べており、当面の間番組への出演を見合わせるとか。

少なくとも今最も注目を集めているこの問題にキャスターとして論評できないのであれば、出演を見合わせるのは当然と言うしかない。しかし小泉首相の未納問題でようやく攻勢に転じたはずの民主党がこれでつまずくというのは、あまりに痛すぎる。

そもそも国民年金を納付すべき国民の4割が未納の現状で、未納(未加入)即辞めるという責任の取り方、取らせ方にはいろいろな点で問題がある。本来ならば今論議中の年金「改悪」法案を撤回して、このようなことが起きないような制度を組み込んだ本当の改革案を作り直すべきなのに。自分の未納を制度のせいにしながら、問題だらけの「改悪」法案を押し通そうとする与党側の未納議員は論外だが、道義的責任と「辞める」という選択肢以外示せない民主党の戦術にも再考の余地があると思う。

とりあえず筑紫氏の件については、リンク集にも挙げた勝谷氏HPの5月14日分日記に論評がある。「ジャーナリスト」としての責任の取り方はかくあるべきだろう。

他にもいろいろ書きたいことはあるが、続きは後日ということで。
[PR]
by hirokira1 | 2004-05-17 21:53 | Cafesta過去ログ