突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 06月 06日
★アクセス数アップのためのTips?〜Cafesta日誌
まあ、こんな堅っ苦しい文章ばかりのページにしては、たくさんの人に見てもらってると思うのだけれど(苦笑)。

Cafestaで、自分のページに来てもらう方法は、基本的に二つ、かな。
他の人のページに残した自分の「足跡」から辿ってもらうか、あるいはサービスページから検索してもらうか、だと思う。
まだ他にもあったかな?何せ初心者なので、気付いてない方法があれば教えてください。

ここの場合も、恐らく大多数は他のページで私が残した「足跡」を辿って来ていると思う。
あ、ここで言う「足跡」は、機能としての足跡機能だけじゃなくて、書き込みで記録される「足跡」全体のことですが。
多くの人はそうやってあちこちのページを訪問し、書き込みしてアクセス数を増やしているはず。
というより、そうしないと「友達」ってできませんしね。
まさに「コミュニケーション・ポータル」たる所以ですな。

ただそれ以外にも、ちょっとした工夫でアクセス数って上がるような気がする。
最初に挙げたうちの後者の方、Cafestaのサービスページからの検索の効率に着目すればよいのである。
私は基本的に日記しか使わないので、日記関係に限定されるが、いくつかやり方はある、と思う(いつになく弱気^^;)
以下、思いついたままに挙げてみると・・・

・タイトルと最初の2,3行に、読者の注意を引くキーワードを入れておく。
 検索画面で表示されるのは、基本的にタイトルと冒頭の2,3行だけ。
 ここでクリックする・しないを判断されるのだから、如何に冒頭をうまく書き始めるかが大切である。
 間違っても、「堅っ苦しい文章」なんて書いてはいけない。読む気が失せるから(笑)。

・カテゴリーの指定で、あまりに対象が多すぎるカテゴリーで書き込まない。
 とにかく、「日常/生活」だけは避けましょう。あまりにライバルが多すぎます(苦笑)。でも今日は「日常/生活」だったりして(爆)。
 私の日記がほとんど「社会・政治」になっている理由、おわかりいただけたでしょうか(いや、違うような気が^^;)
 といっても、そもそも探す気にもならないようなカテゴリーに登録しても、気付いてもらえません。
 個人的には、大きな事件があった時の「時事ニュース」とかはお勧めです。

・更新する時間は、できれば日付が変わってから間もない時間にする。
 やはりどうせ読むなら新着のものがいいでしょうからね。
 「今日」で探すのが一番普通だとすると、やはり日付が変わって間もなくに更新するのが一番効率がいいです。
 ここの日記のように、夜遅くに更新すると、なかなか気付いてもらえません(笑)。

・日付が変わったら日記の内容を修正して、「今日」の日記として検索できるようにする。
 以前書いた日記でも、その日に修正すると「今日」の日記として検索されるのです。
 したがって、日付が変わってからこっそりスペースでも付け加えれば、ずーっと「今日」の日記なのです(笑)。
 もしかしたらスペースすらいらないかも。
 まあ、あまり多用すると信用なくすと思いますけどね。

・自分の日記を繰り返し表示して、見かけ上のアクセス数を増やす。
 検索ページでは、タイトルの横に括弧付きでアクセス数が表示されます。
 アクセス数が多ければ、人気がある日記と勘違いされて、さらにアクセス数アップ間違いなし!
 ただし、あまりにむなしいので、決してお勧めはいたしません。
 逆に、本当に読んでもらえてるかどうかわからなくなって、本末転倒という噂も・・・^^;

他にもいろいろ工夫の余地はあるのでしょうねぇ。
もしよろしければ、どなたでもお教えいただけるとうれしいです。
ただし、私自身はたぶんやらないだろうとは思いますが。
そもそもアクセス数気にしてたら、ここまで堅苦しいテーマが並ばないって。

これからも、覗きに来てくれた方、書き込みしてくれた方を大事にして、細々とやっていきますので、よろしく!
[PR]
by hirokira1 | 2004-06-06 22:16 | Cafesta過去ログ
<< リンク先勝手にレビュー(3) ... 美談に隠される“真実”とは >>