突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 05月 30日
★読み手・書き手のキャラクター〜Cafesta日誌
日頃は堅い文章ばかり書いているので、週に一度くらいは素の日記を書こうと思っています。
ややこしい話は苦手、という方は、タイトルに「★」をつけますので、目印にしてくださいませ。

ここの日記の方も、かなり基本スタイルが固まってきました。
1)普通の日記。気になったこと、それについて考えた内容をとりあえずまとめる。今はお堅い話ばかりですが、そのうち可能な範囲で他のことも書く予定。
2)「リンク先勝手にレビュー」。リンク集の方も、少しずつ増やしていきます。
3)「★」付きの「Cafesta日誌」。主にCafestaにまつわる感想と、このページに訪れてくれる方々へのお礼など書くつもりです。

実際、とっつきにくい話ばかり書いている割には、随分いろんな方に来ていただいております。
アクセス数を増やすなどという野望はありませんが、足跡を残してくださった方のページには時間の許す限り訪問させていただいております。

「小学生です」なんて方にも来ていただいていて、正直驚きました。
だって、こんな文章ばかりあるページなのに・・・(書いた本人が言うことじゃないって^^;)。
足跡だけならともかく、日記読んで、あまりのややこしさに頭抱えてたらどうしよう・・・。



ごめん。

ごめんね。



そのうちきっと、あなたにもわかる話を書くからね!(明日と言えない自分が悲しい・・・)


てなわけで、プロフで年齢等未公開の人でも、文章から勝手に想像して読ませてもらってます。
私も一応非公開ですけど、まあ何とか「お兄さん」と言ってもらえる年頃を想像してくだされば、幸いです。


で、思ったんですけど・・・ここの日記、実物とは全く別のキャラクターで書いたら、一体どんなふうに読まれるんでしょうね?

小学生は無理としても、例えば16才の女子校生とかで、こういう理屈にうるさい子なら、いるかも知れないし。

幸い名前の方も「ひろ☆」って、男女兼用だしね(おいおい^^;)。

てなわけで。



・・・




わたし、ひろ☆。文学と歴史が好きな16才の女子校生です。

ホントのこと言うとこわ〜いおじさんたちにいじめられるといけないので、一応男にしてたけど、

あんまり変わらないみたいだから、カミングアウトしちゃおっと。

みなさん、仲良くしてね。






それでね。








えっとね。








ん〜とね。








・・・・・・








ごめんなさい、無理でした(爆)。

変な文章読んで、気持ち悪くなった方、平にお許しを・・・。



まあ、上のような如何にも無理な設定は別として。
Cafestaのようなシステムなら、できない話ではないと思うのです。
レベルの違う話ですけど、かつて女性スポーツライターとして一世を風靡した「草野進」って人は、実は「蓮實重彦」(東大学長だった人。教育行政では悪名高いけど、まあそれはおいといて・・・)のペンネームだったって話もありますし。

要は、そのキャラクターにきちんと責任がとれさえすればよいのですよね、きっと。

そのうち、私にも無理なく演じられるキャラクター見つけたら、いつか挑戦したいな〜、とは思ってます。
Cafestaがバージョンアップして、「性転換」した人にも対応できるようシステムが進化したら(つまりプロフの性別変更可になったら(笑))、このアカウントでやるかも知れません。

そのときは、それまで同様、仲良くしてやってくださいませ(だから、やめなさいって・・・^^;)
[PR]
by hirokira1 | 2004-05-30 19:39 | Cafesta過去ログ
<< 「南京事件」、ネット上で学ぶ難しさ 「批判」に潜む虚像の「正義」 >>