突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 05月 27日
北朝鮮・エクスキューズ
心配していた「責任転嫁論」、予想を超えて広がっている。

まさかとは思っていたが、家族会に対する感情的反発はまさにイラク人質事件のそれを焼き直したようだった。
一方で与党議員を中心に、政治家達もあれこれと弁解にいそしんでいる。
「小泉さんもよくやった」と弁護する一般の人達が、それを後押しする。

そんな人達が繰り返し述べるのが、次のようなセリフである。
「北朝鮮のような一筋縄でいかない国相手に、よくやった方ではないか」
「金正日のようなどうしようもない独裁者と、どう交渉しろというのか」
「あんなわけのわからない国から5人連れて帰っただけでも十分だろう」

今回の訪問以前と比べて、北朝鮮側のハードルを異様に高く見積もりたがる心理が透けて見える。

この傾向をもっとも顕著に表現している一人が、平沢勝栄氏だろう。
訪問後あちこちのテレビに出ている氏の姿は、正直見るに忍びない。
例の「極秘」訪問以来、彼の政治生命は今回の成果如何にかかっていたと言って過言ではなかった。
表情には出さないが、恐らく今回の結果にはらわたが煮えくりかえる気持ちに違いない、と思う。

どうにも手のつけようのない独裁国家、北朝鮮。
本来なら評価するに耐えない、外交的には完全な失敗を覆い隠すには絶好の言い訳だろう。
だが、本当にそうなのか??

外交に携わるもの、相手の状況や立場、意図をきちんと把握した上で交渉に望むものだ。
北朝鮮とは自由な往来が困難とはいえ、隣国の日本とは相当の接点がある。二国間交渉もしている。
また6者会談などの形で国際的な交渉の場も存在している。
北朝鮮がどういう国家なのか、どこに交渉の余地があるのか、判断する材料はたくさんある。

そのような判断材料を一々吟味して、交渉の可能性を探る作業を、「手のつけようのない独裁国家」イメージが吹き飛ばす。
まるで、北朝鮮の問題が注目を浴びる以前にタイムスリップしたかのようである。
今の今まで氾濫していた北朝鮮情報はどこへいったのか?
これからも北朝鮮は隣国でありつづけるのだ。真剣に向かい合うことを放棄してどうする?
現実から目をそらした社会ほど、独裁者にとって与しやすい相手はない。

「手のつけようのない独裁国家」イメージを日本の政治家が喧伝する有様は、金正日にとってこの上なく好都合だ。
核兵器などに頼らなくても、日本に対しては力による脅しが通用するということを、彼らは証明してしまっている。
北朝鮮のお先棒をかつぐ政治家の言い訳ほど、そらぞらしいものはない。

極めて概略的データだが、リンク集に挙げた坂本衛氏のホームページに、北朝鮮に関する基本データが掲載されている。
25万トン、時価にして600億円を超すと言われる「人道支援」の大きさがよくわかる。

どうでもいいが、平沢氏はこれからどうするつもりなのだろう?
田中真紀子、北朝鮮拉致問題と旬の話題を追い風にのしあがった政治家の次のターゲットが何なのか、気になる。
まさか、山崎拓というわけではないと思うが・・・。

【追記・5/28 22:15】
北朝鮮への穀物の「人道支援」について、すべて国産米という前提で書いたが、その申し出を日本政府が拒否していたことが報道されている。小麦、トウモロコシなどで70〜80億円規模になる見通し。
ただし北朝鮮側は米として報道しているからまた一悶着起こらないとも限らない。要注意である。
[PR]
by hirokira1 | 2004-05-27 21:36 | Cafesta過去ログ
<< リンク先勝手にレビュー(1) ... 続・歴史学と歴史認識 >>