突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 02月 09日
皇室典範改正問題と天皇制
皇室典範改正問題を巡り、いろいろと騒がしい。

愛子さまが本格的に教育を受け始める前に女性天皇への道を開くべきだとか、万世一系男系相続は日本の伝統文化だとか、秋篠宮の第三子誕生を見極めてから議論すべきだとか、圧倒的な力を持っていたはずの小泉首相が思わぬ苦戦を強いられたとか。

聞きかじりで何か書くのは気が引けるので、とりあえずGoogle Newsで検索してみたのだが、「皇室典範」で849件もヒットしたので、即断念。

もっとも、この件については昔書いたこの文章で、ほぼ言い尽くした感があったのだが・・・。




「お世継ぎ問題解決のため、東宮に大奥を!」

もともとは短い時間で書きなぐった「ネタ」的な文章なのだけれど、基本的なスタンスは今もほとんど変わっていない。

そもそも、「血統」を継承し続けるということは、極めて「業の深い」行いなのである。
生を営むということ、生を受け継ぐということ自体ももちろん「業の深い」行いには違いないが、「血統」を継承するということはそれらの行いの上位に「血統」を据えるということである。
まして、それが一国の「国のかたち」を左右するとなれば、その「業の深さ」は想像を絶するものがある。

もちろん、後宮にせよ、大奥にせよ、単に権力者の「業の深さ」だけによって営まれたわけではない。
前近代の権力継承システムのすべてがそうではないけれど、概して「血統」による権力継承は、それによらない権力継承よりも相対的に安定するものである。
もし「血統」という縛りがなければ、代替わりごとに「我こそは!」と意気込む者たちによってバトルロイヤルが展開され、社会システムの安定を揺るがしかねないからである。
「血統」によって得られる「社会システムの安定」のメリットが、「血統」及びそれを維持する諸制度の「業の深さ」と釣り合うか上回る場合、その「業の深さ」は理にかなうものとして、社会によって許容される。
前近代にあっては、おそらくほとんどの場合そうであったと思われる。

では、今議論されている皇室典範の場合はどうだろうか?
「民主主義社会」「象徴天皇制」等の現状を鑑みるに、少なくとも「社会システムの安定」にとって皇室の「血統」が寄与する比重は相当に低く見積もってかまわないだろう。
むろん、現在にあってもそれは決してゼロではなく、相応の重要性を持っているはず。
その相応の重要性に見合う程度に「血統」の「業の深さ」を再定義することこそが、本来なされるべき「皇室典範改正」ということになるのではないだろうか?
既に権力者ではなく、純粋に「血統」のみをその存在根拠とする天皇制の現状を鑑みるに、これはすなわち天皇制の再定義に他ならない。

私を含む日本の国民は、単にワイドショーの視聴者ではなく、皇室に対して「業」を背負わせている当事者として、この問題を自らの問題として受け止める必要がある。
少なくとも、「秋篠宮の第三子が男子なら一件落着」というような軽い話ではない。
[PR]
by hirokira1 | 2006-02-09 23:38 | 社会的考察
<< 個人情報の扱いに対する基準とは? 今さらながら新年の抱負を >>