突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 11月 23日
想像力の欠如?
気がつけばもう一ヶ月以上のご無沙汰になってしまいました。
休眠状態のこんなページにも時折様子見に来てくださるようで、ありがたいことです。

秋頃から忙しくなりそう、というのはもともと予想していましたが、その予想以上に身動きがとれない状態が続いております。
じっくりページ巡りというのも難しそうで、余裕ができれば週一くらいのペースでせめて更新できれば、と思うのですが・・・正直厳しいです(^^;

そんなわけで、ここしばらくの世の中の動向といったものにはとんと疎くなっております。





当然十分に分析することもできないそれぞれの事柄について、あーだこーだと言えた義理ではないのですが、テレビなどの断片的な情報から漠然と感じることは表題のごとく、「想像力の欠如」ということです。

既に旧聞に属しますが、イラクでの香田さん殺害事件が起こった頃、私はたまたま出張していて、ホテルでのわずかな時間でせっせとテレビのニュースを見ていたのですが・・・私が見ていた時間の半分は、「優太ちゃん」関連で占められておりました。
どの局かは忘れましたが、優太ちゃん退院を伝えるアナウンサーのコメントが振るっています。

「これで優太ちゃんもストレスから解放されて、平穏を取り戻してくれるといいですね。」

うろ覚えなので表現が正確ではないかも知れませんが・・・こういう時こそ、「自作自演」という言葉を使うべきではないか?と首をかしげてしまいました。

とりあえず、いつもお世話になっているMAMO氏の論評を今回も参照させていただきます。
「すべてを疑え!!MAMO's Site〜日録メモ風の更新情報」
(参照→http://www.aa.alpha-net.ne.jp/mamos/whatsnew.html
11月2日付けの「阿呆らしく時間の無駄なので書く気も失せますが、・・・」以下の指摘、でもやっぱり書いてもらわないと困る話なのですよね。

私、ここのところ自分でニュースのフォローが出来る状態ではないのですが、受け身の立場で断片的な報道に接するのみの状態が続くと、テレビ局の「想像力」に情報源を委ねることが如何に怖いことか、改めて実感させられます。
これは何も報道メディアだけの問題ではなくて、ニュースとして伝えられるメディアの「あちら側」で起こっていることも、またそのニュースを受け止めて「世の中はこんなもんだ」と理解した気になっている「こちら側」の感覚や言動にも、たぶん同じことが言えるのでしょうね、きっと。

他者の論理に耳を傾けようとせず、また自らの言動が他者にどのような影響を及ぼすか考えようともせず、独りよがりの論理に閉じこもってうわべだけの格好良さにこだわる我らが「純ちゃん」の迷言も、恐らくはそういう日本全体を覆っている「想像力の欠如」を代表しているんじゃないか、そんな気がしてきました。

少なくとも日本人には、ブッシュの再選を許したアメリカを揶揄する資格などありません。

一つ一つの問題についてはきちんと検討する余裕もありません。上に挙げたMAMO氏の論評とともに、これまたお世話になっている近井氏のサイトから、気になった文章をいくつか挙げておくことにしておきます。

「災害非難時にも「自己責任論」?〜曽野綾子さんの現実認識に疑問」
(参照→http://www2.oninet.ne.jp/hchk/sonoayako-640.html
 基本的には近井氏の見解に付け加えることもないのですが、これ、「現実」認識と呼べるものなんでしょうかねぇ??こういうコラムを載せる産経も随分と思い切ったことをするもので・・・(苦笑)。

「ファルージャの被災者数は?」
(参照→http://www2.oninet.ne.jp/hchk/fallujya3-653.html
 戦闘での死傷者数(「武装勢力」云々も含めて)自体も問題ですが、看過されがちな「20数万」の脱出した市民のことも忘れてはなりません。近井氏のように中越地震と比較すると、その深刻さが伝わってくると思います。

「世の中まとめて1週間」
(参照→http://www2.oninet.ne.jp/hchk/matomete-656.html
 この方も忙しいのだなぁ、と思いつつこうやってちゃんとフォローする姿勢には敬服させられます。それにしても、「対話と圧力」なんて単純な二元論では外交は動かないのですよ。「もっと重要な問題がたくさんあるのだから」と靖国参拝問題から逃げた「純ちゃん」のニュースに接して、「だから、そんなしょうもないことでその『もっと重要な問題』を滞らせるなよ!」と苛立った方も少なくはないと思いますが・・・。
[PR]
by hirokira1 | 2004-11-23 19:19 | Cafesta過去ログ
<< 「ものづくり」の発想 噛み合わない論争から >>