突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 08月 28日
頑張ってるねぇ、じっちゃん!
ネット上で調べ物をしていると、思わぬ発見をすることが少なくありません。
今日も、そんな“発見”からの報告です。

「昭和ひとけた生まれから〜あと1000本のメッセージ」
(参照→http://www2.oninet.ne.jp/hchk/index.html

このサイトの管理人の近井氏は、1932年生まれの元高校社会科教師だそうで、退職後も忙しい生活の中、「このサイトで1000本のメッセージを書くことを本業と考えている」とのこと。
2001年12月から書き始めた「メッセージ」は、今日現在で既に584本を数えるまでになっています。

「ここの日記、何本だったっけ?」と考えるまでもなく、とてもこんなになるまで続けることは出来ないと、前もって断言しておきます(苦笑)。


ひとまず最近の「メッセージ」から、一つだけ紹介しておきましょうか。

「オリンピックは時代を映す鏡」
(参照→http://www2.oninet.ne.jp/hchk/olympic-583.html

・・・(前略)・・・

 体操男子の団体優勝はグレイトでした。素人目にも昔と比べて超難度の技の連続でした。これを達成したのは合理的な強化策です。科学的な分析、先端技術によるサポート、資金を惜しまず、準備に最善を尽くす。

 体操だけではなく、水泳の北島康介選手を支えた支援チーム、谷亮子さんの要望はすべて容れて、練習パートナーから競技場の応援団まで手配したといわれるトヨタ、中国南部での高地合宿やスイス合宿で起伏の激しいコースに備えたマラソンの野口みずきさん。今やオリンピックはこうでなければ勝てない。個人種目といっても個人の能力や努力、気力だけでは戦えない、サポートする組織が万全でなければ苦しい、ということのようです。


 この観点からすると、逆説的ですが、プロで固めた野球チームが「アマチュア」的に見えてしまいます。たしかに選手たちは野球を日常の仕事にしているプロ、それも一流のプロです。しかしこのチームはオリンピックに照準を合わせた準備をどれだけやったでしょうか。
 「長嶋ジャパン」の呼び名、栄光の背番号3の威力、「For the Flag!」のスローガン、このようなものに頼らざるを得ない「精神主義」は、サポート体制の欠陥を浮き彫りにして見せます。プロ野球本体の「シーズン」への支障を最小限にすることが優先された「オリンピック・チーム」の編成。近鉄・オリックス合併問題に端を発して、パ・リーグそのものが消滅の危機にあるというのに、なんともちぐはぐな目先に捉われた対応です。オリンピックで金メダルを逃すことがプロ野球人気にどれだけダメージとなるか、その計算すら出来ていなかったのでしょうか。

・・・(後略)・・・


「有終の「銅」」、あるいは「「金」以上の価値」などと無理矢理賞賛しようとする報道の中、ちゃんと見るべきところを見てますね。
「昭和ひとけた」と言いながら(この言葉を聞くと、どうしても銭形警部をイメージしてしまうのですよね・笑)、それぞれの「メッセージ」から見受けられる感性は、随分とお若いような気がします。

せっせとお書きになった「メッセージ」、残念ながら昔のものはアップされていないのですが、それでも全部読むのは随分大変そうです。
既に「勝手にレビュー」モードですが、まあそっちの方は一通り読んでから、また改めてやってみたいと思っています。

ちなみに、「1000本のメッセージ」とのことですが、今のペースだとあと2年以内には達成できそうです。
どうやら、「続・1000本のメッセージ」「続々・1000本のメッセージ」にも期待が持てそうです。

老人パワー、恐るべし!!
[PR]
by hirokira1 | 2004-08-28 23:42 | Cafesta過去ログ
<< 「野球の伝道師」が伝えたもの ネットゲームの「南北問題」 >>