突き詰めても、突き詰めても、つまりは不完全性思考
by hirokira1
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
フレーミングは終わらない
from tracker's burrow
わかってらっしゃる!!
from 俺の心のままに
ふたつの国民
from 真夜中の国語辞典語彙blog
遺書もなく去る人を止めな..
from BigBang
それでも前に進むには
from あんなこと、こんなこと。どん..
(無題)
from 日本について考える
(無題)
from 日本について考える
皇室典範改正問題と天皇制
from incompleteness..
★継ぎはぎドラマ\(^o..
from ★恋人という名の猫★猫とAr..
スローなブログにしてくれ
from 5号館のつぶやき
メモ帳
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2004年 08月 16日
リンク先勝手にレビュー(5) 萬晩報
最近重苦しいテーマばかりだったので、ここは一つ気分転換、久々の「リンク先勝手にレビュー」といきましょう。

「萬晩報」については、最近も「年金と出生率について」で紹介しましたので、ご記憶の方もいらっしゃると思います。

このサイトの基本コンセプトについては、
萬晩報(よろずばんぽう)は通信社の現役デスクである主筆を中心に内外に65人の通信員を抱え、分野を超えたコラムを発信するジャーナリズムです。題字は、明治時代末期に日本最大の発行部数を誇った黒岩涙香の「萬朝報」(よろずちょうほう)にあやかりました。萬晩報の「晩報」は中国語で「夕刊」の意味です。・・・(後略)・・・(「萬晩報とは」より)

というふうに紹介されています。
「65人の通信員」とは基本的にアマチュアの“市民”通信員であり、それぞれの通信員が寄稿したコラムは「主筆」のチェックを経た上で掲載されることになります。
その意味では、「ネットでつくる市民新聞」と呼ぶのが適切でしょうか。

ただ、サイトの運営という点では、どこまでも個人サイトという気もします。
それは一面では長所となり、一面では弱点となります。

例えば、同様の性格を持つサイトとして、「JANJAN NPO型インターネット新聞」と比較してみるとわかりやすいと思います。
(参照→http://www.janjan.jp/
イラクで人質になった今井紀明君(←不適切な表現?)も記事を書いているところですね。

「JANJAN」の方はあまりチェックしてないので一部の記事だけを読んだ感想に過ぎないのですが、個人的には「記事のニュース性に対するチェックが甘いのではないか」という印象を持っています。

例えば、今開催中のアテネ五輪に絡めて、「こんな予想(米誌)、どう思う?」では、アメリカの『Sports Illustrated』誌のメダル獲得者予想を紹介しています。
各競技別に、「こんな予想おかしい!」などといちゃもんをつける文章(まるで居酒屋の会話のノリ・・・^^;)はさすがに「掲示板」回しになってますが、既にあちこちで紹介されている内容と比べてニュース性も希薄、分析もほとんどないというこの記事に、違和感を憶えてしまいました。

『Sports Illutsrated』誌の予想にけちをつけるなら、せめてマーティ・キーナート氏の向こうを張るくらいできないかと思ってしまうのですが、やはり過剰な期待なのでしょうか?
(参照→http://www.mainichi-msn.co.jp/column/marty/

むろん私のような部外者に運営の実態などわかるはずもありませんし、一方で非常に内容の濃い記事も少なくないのですが、やはり投稿のチェック→掲載に至るハードルはそんなに高くないのではないかと疑ってしまいます。
毎日多数の記事を掲載しているわけですから、一々厳密なチェックが出来ていないとしても、それは仕方のないことなのかも知れません。
ただ、時々おじゃまして記事を拝読させていただいている立場から言わせていただければ、どうしても「クオリティが保証されたニュースサイト」というよりは「管理が行き届いた掲示板」という印象が拭えないのですが・・・。

#以上、「JANJAN」については十分な分析をもとにした意見ではありませんので、詳しいことをご存じの方がいらしたら是非ご教示ください。


一方、「萬晩報」の方はさすがに通信社のデスク(今は支局長)が自分の名の下に運営しているだけあって、「ニュース性」に対するチェックはきちんとしているように思えます。
ただ、悲しいかなどこまでも個人サイトなので、扱う記事(コラム)の数は比較にならないくらい少ないのですよね。
一時期は非常に活況だったようですが・・・個人が仕事の合間にする余技だと、なかなか“ままならない”のかな?と、余計な心配をしてしまいます。
最近ではすっかり「枯れた」サイトという感じで、時には10日以上更新されないこともあるのですが、たまに見かける「キラリと光るコラム」を求めて、ついつい毎日チェックしてしまう私・・・(^^;

「萬晩報」のコラムの内容については、主筆のチェックがあるとはいえ通信員によってかなり違いますが、私個人としては美濃口坦氏成田好三氏が特にお気に入りです。

美濃口氏はドイツ在住で、日本に居ては気づくことの出来ない様々なテーマ、国際感覚を切り取るのが真骨頂だと思います。
実は「萬晩報」よりもアサヒ・コムのAICの方に毎週コラムの枠をお持ちですので、そちらの方が読みやすいかも知れません。
(参照→http://www.asahi.com/column/aic/Tue/tan-bn.html

成田氏はスポーツを中心とした硬派の分析で、あちこちにコラムを書いておられるようです。
個人のコラムサイトもお持ちで、まとめて読むには便利です。
(参照→http://www.mito.ne.jp/~narita/

というわけで、このサイトも含め、リンク集に挙げているサイトはほとんど毎日チェックしている私です(苦笑)。

ああ、はやく「年金講座」の三本目が出ないかな・・・。

【訂正 8/17 22:30】たった一つしかない英単語の間違い(苦笑)を修正・・・お恥ずかしい(TT)
[PR]
by hirokira1 | 2004-08-16 23:08 | Cafesta過去ログ
<< 当たらなくていい?メダル予想の意味 女性の目から見た「戦争」とは? >>